ドロップ ザ ロック

『ドロップ ザ ロック』は、依存症からの回復のプログラム「12のステップ」のうちのステップ6とステップ7に焦点を絞った本です。岩(ロック=性格上の欠点のたとえ)は、どうしたら手放せるのかを、わかりやすく伝えてくれます。また、仲間の経験の分かちあいも、ふんだんに盛り込まれています。
本書は3人のアルコホーリクによる共著です。主たる著者故ビル・Pは、かつてAAのワールドサービスオフィスで働いていた人で、個人的にも、AAの歴史と12のステップに関する15冊の著書を残しています。
『ドロップ ザ ロック』の原著は、アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、買い物、食べ物など、さまざまな依存症の回復グループの仲間のあいだで愛読されているベストセラーです。

ステップ6
 こうした性格上の欠点全部を、神に取り除いてもらう準備がすべて整った。
ステップ7
 私たちの短所を取り除いてくださいと、謙虚に神に求めた。

ビル・P トッド・W サラ・S/著
依存症からの回復研究会 翻訳チーム/訳
一般社団法人セレニティ・プログラム/発行
  • 1,200円(内税)

型番 KF-B-05